桜台・破顔 汁なし(中・650円)

 

Pocket
LINEで送る

111026-01.jpg
西武池袋線の窓ガラス越しに、
雨粒が見えつつあったある日の夜、
ふと麺ものが食べたくなって、
訪れたのが桜台の駅。
駅から20秒ぐらい全力疾走すれば、
目当ての破顔にたどり着いてしまう。
本当にありがたい場所にあるものです。
食券機で汁なしの中のチケットを買って、
チャーシューが炙られるのを眺めつつ、
待つことしばし。
タレと麺をおもむろに混ぜる、
魚粉の香りをまとった器から、
服に液体が跳ねない塩梅の量をすする。
モグモグと麺の太さや弾力を楽しむ、
熱々のチャーシューを頬張る。
一気に食べ尽くす。
スープ割りを飲み干して身体を温める。
で、雨の中を再び駅までダッシュする。
滞在時間は約30分弱。
こんな途中下車もいいもんです。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。