赤坂・杏花村 酸辣麺(750円)

 

Pocket
LINEで送る

111101-01.jpg
時に、黄色い張り紙に黒マジックでメニューが書いてあったり、
看板が妙に原色だったりするようなお店の中華料理が、
むしょうに食べたくなるもので。
そんな気分の中で足を運んだのが
赤坂の一ツ木通りから一本路地に入ったところにある、
台湾料理のお店。
細めの階段を下りた先に広がる地下空間は、
低めの天井もあってか、不思議な一体感に満ち溢れています。
ランチメニューを見れば、炒め物系やチャーハンなど、
悩みどころ満載のラインナップ。
で、その中から選んだのが酸辣麺。
見た目どおりに辛さの効いたスープは熱々、
たっぷりの肉と野菜をハフハフと頬張り、
セットのそぼろご飯をモグモグ食べて、
食後は杏仁豆腐をつるつると。
家庭的で気取りのない味、そしてコストパフォーマンスが高いからこそ、
また階段を下りたくなるお店です。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。