青森県弘前市・ゆぱんき Keep in touch.

 

Pocket
LINEで送る

111112-04.jpg
最勝院五重塔のふもと、大きな黒板の少し先。
緑と落葉の絨毯に囲まれて、
ゆぱんきはこの日も静かに佇んでいました。


111112-03.jpg
木製のドアを開けて店内に入れば、
小さな窓から光が差し込み、
祠のような空間を、
柔らかく包み込んでいます。
書棚にある雑誌や書籍から、
読みたい気分の一冊を探すお客さん、
あるいは、自分が持ち込んだ書籍を、
コーヒー片手に読み込むお客さん。
オーナーがキッチンで料理をしている時、
書棚が代わりにお客さんを優しく見つめていたのだと思います。
111112-01.jpg
青森に住んでいた時や、機会ある度に立ち寄った際には、
コーヒーや甘味を注文することが多かったものの、
でも、この日注文したのはゆぱんき定食。
掛けられた「時間がかかりますがよろしいでしょうか?」
という一言も、丁寧に料理をするお店だからこそ、
逆にそれが嬉しくなります。
運ばれてきたプレートには、
大根の田楽、ブロッコリーのクリーム煮、
炙った蕪に、ひじきの煮物、
そして柿の白和えといった、
丁寧な仕事を経て生まれた彩りの数々。
そして炊込みご飯とおみそ汁。
ホッとする香りが小さなテーブルに広がります。
一口ごとに身体が洗われるような味、
素材の味に厚化粧を施すのではなく、
薄化粧で素材の味を魅せる味は、
居心地の良さと相まって、
いつまでも食べ続けていたいものでした。
そんな至福の時間のBGMは、
優しく流れる音楽とコーヒー豆を挽く音。
111112-02.jpg
ここで飲むコーヒーには、愛くるしいカタチのクッキーと、
手作りのスタンプが押された紙に包まれた、
角砂糖が添えられています。
ゆっくり、ゆっくりと豆の香りを全身に行き渡らせつつ、
プチプチした食感のクッキーを、
どこから食べようか迷いながらつまみ、
小さなテーブルに差し込む光と窓越しの川を眺めながら、
決して過ぎて欲しくない時間を過ごしたのです。
そんな自分にとってかけがえのないお店が、
一旦長期休業に入られるとのこと。
丁寧な仕事と思いが詰まった料理、
そして黒猫の看板に会える日まで、しばしのお別れ。
でも、この日食べた柿の白和えの味は、
おそらく一生忘れられません。
また、細い路地を通ってドアを開ける日を、
楽しみにしています。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。