池袋・和(なごみ) 豚丼(750円)

 

Pocket
LINEで送る

111029-02.jpg
ある日の午後、池袋のジュンク堂界隈を
ウロウロしていたら、一軒の甘味処を発見。
店頭にある「甘味、コーヒー」の書はもちろんのこと、
それ以上に惹かれたのが「おむすび」とか「豚丼」の文字だったのです。
ということで、早速入店して豚丼を注文。
111029-01.jpg
いやぁ…すごいのが来ました。
このボリューム、圧倒的です。
家庭的な味のタレがしっかり絡んだ豚肉を、
モグモグと食べ進め、
タレとご飯の甘い香りが乗った湯気に包まれながら、
白ごはんを黙々と食べ進めます。
おみそ汁も小鉢も、
作り手の愛情で美味しくなっている見本のような味。
シンプルだからこそ、心の奥深いところに印象が残ります。
しかも、ご飯の大盛りもサービスで受けてもらえる気前の良さもあったり。
(実は、自分が食べたのも大盛りです。)
まさに、和を体言しているこのお店、
次は甘味もゆっくりといただきたいものです。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。