代官山・モカザナ ケーキセット

 

Pocket
LINEで送る

120107-04.jpg
自分にとって、あまり訪れる機会がない街なのが代官山。
そんなエリアではあるのですが、
年末にオープンした蔦屋書店を訪れた後、
やっぱりコーヒーが飲みたくなったので、
一軒のお店にフラっと立ち寄ってみました。
まるで老舗のような貫禄に満ちたような外観ゆえ、
いい意味でドアを開くのに緊張してしまう感じだったのですが、
静寂とコーヒーの香りに包まれた店内は、
緊張から安らぎへと気持ちを切り替えてくれます。
そんなお店の窓際に座ってメニューを眺めると、
カップテストの印象や、豆の特長がまとめられた五角形のチャート、
そして、サイフォンとドリップ、そしてフレンチプレスから選べる淹れ方。
見ているだけで、更にコーヒーのことが気になってしまう。
そんな感じです。
で、注文したのは、オリジナルの苦味ブレンドと
グランマルニエのスフレグラッセ風のケーキセット。
ティラミス的なルックスの表面にスプーンを入れれば、
まるでミクロの粒が弾ける感覚。
ココアパウダーの苦味に触れた後の甘さや
ゴロンと入ったブルーベリーやストロベリーの酸味、
そして底に入ったグランマニエが染み込んだスポンジの組み合わせが、
甘美な余韻を生み出します。
そして、苦味ブレンド。
スケールの大きなケーキと調和する、しっかりした輪郭のボディは、
ずっしりした味が好きな自分にとってストライク。
何より、カップを口に近づけるごとに広がる香りに、
一目惚れならぬ一香惚れしてしまいました。
しっかりと味を作っているお店なのですが、
実は電源カフェの一面もあったりと、
とにかく至れり尽くせり。
あまり来る機会がない代官山ですが、
自分にとってはここが目的地になりました。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。