銀座・岩戸 まぐろ丼(840円)

 

Pocket
LINEで送る

120216-01.jpg
私、お腹の食欲はあっても、頭の食欲がないとき、
白いごはんに、お刺身、味噌汁に漬物みたいな組み合わせを、
欲する身体です。
で、そんなテンションでお昼を食べに行く時は、
たいてい三州屋か岩戸になります。
この日は岩戸に行ってマグロ丼。
たっぷり盛られた特製タレの絡んだマグロ、
優しさと丁寧な仕事が詰まったお味噌汁、
カレーもやしにお漬物。
シンプルに向き合える組み合わせだからこそ、
お箸が止まりません。
唯一困ってしまうのは、
食べ終わりの頃には、頭の食欲が回復しすぎて、
穴子の天ぷらとかすきやきとかも、
食べたくなってしまうことです。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. 百恵 より:

    ふむふむ・・
    ありますね! 食べ終わるころにスイッチON。
    小鉢の「カレーもやし」も脇役ながらしっかり引き立ててるような?
    安くて、どこにでもあるこの「もやし」が震災後食卓から消えたことを思い出しました。
    まもなく一年ですね!!

  2. takapu より:

    【百恵さま】
    それもあって、
    数日前にすき焼きを食べたばかりです(笑)。
    このお店に根菜の皮を使った漬物と、
    カレーもやしがなかったら、
    泣いてしまいます。
    ここの副菜はいつも同じ佇まいで側に寄り添ってくれるので。
    寄り添ったり、つながったり。
    そんなことをこのお店で考える機会が増えました。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。