有楽町・あろいなたべた カオマンガイ(630円)

 

Pocket
LINEで送る

あろいなたべた・その1
ふと、昔の記事を眺める機会があり、
改めて食べたくなったのが鳥藤ミルクワンタン
あの、牛乳をたっぷり使った独特な味わいのワンタンを、
ちゅるんと口に通してみたい。
そんな気分に駆られて、有楽町のガード下に足を運びました。
ところが、看板はあれども店は閉店状態。
スマホで調べてみると、去年にご主人がお亡くなりになったとのこと。
思いもしなかったショックの中、
久しぶりに「あろいなたべた」へと足を伸ばしました。
入口のレジ横には、キタナシュランの人形が置いてあり、
壁にも★が入った認定証が飾られていましたが、
小さな空間に凝縮された熱気は以前と変わらず。
そんな中で、カオマンガイを注文しました。
あろいなたべた・その2
思えば、これを食べるのも久しぶり。
鶏にしてもライスにしても、そしてソースにしても。
記憶の一辺にあったものと同じ。
ちょっと量が少ないと感じてしまうぐらいに、
あっという間に食べ終えてしまいました。
きっと、次は大盛りにするんだろうと。
ガード下のお店は新陳代謝が盛んで、
変わらぬ佇まいの谷ラーメンやとんかつ繁がある一方、
ビッグカメラのアウトレットができていたり。
今の景色は今しか記憶に残せず、
今の味も今しか記憶に残せないんだと、
改めて強く思ったのでした。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。