京橋・大舷 ブリ丼(900円)

 

Pocket
LINEで送る

120227-02.jpg
年に数回あるかないかの、
何を食べるか迷ったお昼時間。
銀座1丁目方面から京橋に足を伸ばしつつ、
どのお店に入ろうか右往左往。
お店の行列が長くなるに連れて、
残り時間は短くなります。
そんなこんなで、このお寿司屋さんの前を通ってみると、
外に貼られたお品書きには「ブリ丼」の文字。
となれば一気にスイッチが入るもので、
ガラガラと威勢よく戸を開けてみることに。
すると、その10倍威勢のいい親父さんが出迎えてくれたのです。
カウンター席に腰掛けて、注文したのは当然ブリ丼。
120227-01.jpg
この分かりやすいビジュアルに、テンションは高まります。
一方、その時の親父さんはというと、
テーブル席のお客さんに、「トンカツ食べるなら△△がいい!」という具合に、
テンション高くオススメのお店を語っていました。
親戚に一人はいる人っぽくて、なんかいい感じです。
能登のブリを一切れずつ食べて、アラ汁で身体を温めて、
親父さんのトーク熱が高まったところで、
ごちそうさまでした。
「午後も頑張ってよ!」
丼だけではなく、威勢のいい声もいただきました。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. まさぴ。 より:

    肉厚鰤丼、いいですね。
    次回は是非当店にもお寄りください。
    「ど・みそ」店主、斎藤(笑)。

  2. takapu より:

    【まさぴさまと斎藤さまw】
    いつも、行列が少ないタイミングを
    見計らっているのですが、
    なかなか…。
    今、出店されている
    五所川原のラーメン街道のほうが、
    自分にとって近いのかもと思ったりしますw。

  3. yuki より:

    次はぶりカツ丼を。
    お待ちしています!

  4. takapu より:

    【yukiさま】
    ブリカツ君とレルヒさんが気になって仕方有りません(笑)。
    ようやく、行き先が固まりました。花火も堪能させていただきます!

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。