銀座・岩戸 豚汁定食(840円)

 

Pocket
LINEで送る

120229-01.jpg
前日からの雪が降り積もる日、
だから、岩戸の豚汁に会いたくなります。
熱々の大根や里芋には
温かい美味しさが染み込んでいて、
ハフハフと頬張れば
心から寒さを忘れてしまいます。
タレの馴染んだマグロでごはんを食べて、
カレーもやしと漬物でリスタート。
またまた、豚汁を頬張ります。
うるう年の2月29日は
四年に一度の貴重な一日。
だからこそ、そこにある日本の普遍的な美味しさが、
恋しかったんだろうと思ったり。
四年後も、この味が恋しくなるのは、
きっと変わりません。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. wamisan より:

    NHKの「サラメシ」を見て、昼休みを有効活用して楽しんでおられるのに共感しました。東京に行ったときの銀座でのランチが楽しみになりました。

  2. オーロラ より:

    びっくりしました!ほぼ毎日こちらのランチブログみてました。青森県人なので、青森のランチの場所をみて、あ~ここもわかる。行ったことある!といつも思ってました。
    「サラメシ」をみて、えっ青森にいたのか!と思い、ブログのトップページを見て、またまたびっくりしました。
    でも、なんか嬉しかったです。
    どれも、これもおいしそうな写真、これからも楽しみにしています。

  3. 一日一麺 より:

    ご出演おめでとうございます。ロケは4年に一度の29の日でしたか。それにしても食べるの速いですね^^

  4. takapu より:

    【wamisanさま】
    ありがとうございます。
    東京だからこそできる昼時間かもしれませんが、
    いつも、街から楽しく勉強させていただいてます。
    東京にお越しの際には、
    銀座で愛され続ける普遍的な美味しさをお楽しみください。

  5. takapu より:

    【オーロラさま】
    そうなんです、
    ちょっとしたドッキリのような感じですが・・・
    青森の生活で食べて来たからこそ、今の私がいます。
    だから、これからも美味しいものの基準は、青森にあり続けます。

  6. takapu より:

    【一日一麺さま】
    ありがとうございます。
    食べる早さは・・・今度はもう少しゆっくりでもいいなぁと、思いましたw 。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。