有楽町・慶楽 牛肉伽哩飯 (1,000円)

 

Pocket
LINEで送る

120302-01.jpg
有楽町のガード沿い、
昭和25年から営まれている慶楽。
このお店の定番といえばスープ炒飯ですが、
自分が好きなのが、開業時と同じレシピで作られている
このカレーライス。
まだ、カレー粉が手軽に手に入る前の頃、
お店の方がスパイスをブレンドして今の味を作り上げ、
60年以上も食べ継がれている一品。
最初は軽い口当たり、でもしっかりスパイシー。
大きな牛肉に玉ねぎのシャキシャキ感、
そして揚げられたジャガイモの組み合わせが、
やみつきになってしまいます。
色々なお店で、色々な料理が現代的にアレンジされている中、
クラシックがそのまま残っているのは、
本当にすごいこと。
この一皿は揺るぎない仕事を味で伝える媒体であって、
お客さんを媒体として広がった、
奇跡の輪みたいなものなんだろうと思うのです。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。