銀座・福よし もつやきとり丼と鶏だしそばのセット(980円)

 

Pocket
LINEで送る

120307-03.jpg
ある日の夜、三州屋でフライと豆腐で牡蠣を堪能した後で、
知り合いの方に案内いただいたのは、
銀座7丁目にある一軒のお店。
店頭に掲げられた幟には、
美唄やきとりの文字。
北海道のほぼ真ん中ぐらいにある美唄市で、
古くから炭坑マンに愛されていた美唄やきとり。
その基本はもつ串です。
色々な部位が刺さった焼き立ての串を、
サッポロビールを片手に頬張った瞬間、
もう虜になってしまいました。
そんな美唄やきとりを、
鶏だしのかけそばに入れる「もつそば」なる、
旨そうなものがあったのですが、
あいにく、お腹と時間がいっぱい一杯だったのでこの日は断念。
で、日を改めてランチタイムに足を運んでみました。
ランチメニューには、もつそばをメインにしたAセット、
ざるそばをメインにしたBセット、
そして丼をメインにしたCセットがあったので、
もつやきとり丼のCセットを注文。
120307-04.jpg
タレが絡んだ「せい」と呼ばれる正肉の串と
三元豚の串は丼用にして、
もつ焼鳥は早速鶏出汁のそばに投入。
塩こしょうの効いたもつエキスを、
汁に馴染ませている間、
甘辛タレの絡んだ精肉や豚でご飯を頬張ります。
で、おそばともつ串を堪能。
様々な部位の弾力や旨さを口にしつつおそばを啜れば、
再び夜の美味しさが思い返されます。
ご当地名物が東京に出店されていて、
それが美味しかったりすると、
当然ながら現地に思いを馳せるのですが、
やっぱり美唄にも行かねばと思ったのでした。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。