青森県青森市・さかもと 手打ち中華、味噌ラーメン、そしてあずきクリーム。

 

Pocket
LINEで送る

120211-09.jpg
今年の青森は雪深く、
青森市内の至るところに、雪の壁が姿を現しました。
120211-08.jpg
そんな雪の壁に隠れていたのが、
甘いものと軽食のお店「さかもと」。
入口の看板に書かれてた文字は、
ラーメンにカレーライス、そしてソフトクリーム。
なるほど、まさに軽食…いや、ラーメンが軽食かどうかはあれですが(笑)。
120211-07.jpg
厨房と客席を仕切るカウンターの上には、
カラフルながら、凛々しい文字で書かれたメニュー札。
伺ったところ、この札を描かれたのは、
ねぶた絵師の千葉作龍さんなんだそうです。
そんなメニューを右から左まで眺めて、
注文したのは、手打ち中華と味噌ラーメン。
120211-03.jpg
食欲を呼び起こす味噌ラーメンの香り、
少し甘めのスープが、身体の芯を温めてくれます。
120211-04.jpg
そして、手打ち中華。
昆布や干しものを出汁に使った昔ながらの味。
作り方そのものも、昔のままなんだそうですが、
今みたいに厚化粧のラーメンが主流になっている時代だからこそ、
繊細な味が今も変わらず作られていることに尊敬です。
で、そんなシンプルな味だからこそ、
ずずずと一気にすすってしまい、
おつゆもほぼ完飲してしまう勢いです。
でも、お腹にはまだ余裕あり。
ということで、甘味としてあずきクリームを注文してみました。
120211-05.jpg
バニラアイスにあずき、という潔さ。
甘さが強すぎることなく、
ホクホクの食感がしっかり残る小豆、
これも、昔のままなんだろうなぁという感じのやさしさ。
クリームが融けてあずきを覆うと、
究極の「これでいい」な味になります。
食後、お店を出ようとした時に目に入ったのが
昔から変わらない姿であろうガラスケース。
きっと、雪の日も晴れの日もお客さんを、
温かく見守ってきたに違いないはず。
そんな日常の積み重ねが見える姿で残っているからこそ、
青森の食堂は素敵なんだと思うのです。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. yuki より:

    メニュー札、
    「あずき」ではなく「あづき」になっているところ、
    そしてその潔いスタイル。
    とても魅力的です。

  2. 一日一麺 より:

    子供の頃からあるお店。甘いもの、古き札幌のラーメン、歴史ある青森の煮干しという3つのアイテムが同居する素晴らしいお店ですね。パフェが気になる今日この頃です。

  3. takapu より:

    【yukiさま】
    「ず」ではなく「づ」なんですよね。
    なんでしょうね、この日本語マジック。
    だから、無意識に頼んだのかもしれません。
    本当に魅力的なお店です。
    今まで足を運ばなかったことを後悔しています。

  4. takapu より:

    【一日一麺さま】
    そういえば、青森の基本はこのスタイルですよね。
    新町にあるワンタンメンの帝王なお店も、
    甘味と麺をハシゴできるスタイル。
    きっと、この至福のハシゴができるからこそ、
    青森の麺類文化は日本のどこよりも素敵なんだろうと、思ったりしました。

yuki にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。