永田町・霞ガーデン 手作りチャーシュー麺(850円)

 

Pocket
LINEで送る

霞ガーデン-03.jpg
国会議事堂の目の前にある敷地は国会前庭と呼ばれ、
無機質な官庁街の雑踏とは真逆のように、
自然豊富なエリアが広がっています。
で、その敷地内にあるのが憲政記念館。
昭和45年に議会開設80年を迎えたことを記念し、
議会制民主主義について、一般の方々の認識を深めることを目的として、
昭和47年に開館した建物なんだそうです。
そんな建物の一角に、
霞ガーデンという食堂があります。
霞ガーデン-02.jpg
外観は確かに公共施設の食堂なのですが、
ベテランの給仕さんにテーブルへと案内されると、
ガラスの先に広がる桜の花や、
SEIKOの大きな壁掛け時計が、
食事時の風景に風格を彩っています。
霞ガーデン-01.jpg
そんな食堂で注文したのは、手作りチャーシュー麺。
丼を覆うチャーシューの曲線美が物語っているのは、
仕事に対する丁寧な姿勢。
そんなチャーシューを箸で引き上げると、
簡単にほろりと崩れてしまい、
口の中に運ぶと脂がふわりと融けてしまいました。
スープは鶏ベースの昔系、
飽きの来ないあっさりとした飲み口ゆえ、
気がつくと麺に手が伸びずスープばかりが減っていました。
そして、麺もおよそ公共食堂とはかけ離れたもの。
公共食堂の辞書には、ハリやコシという言葉はないのですが、
ここの麺にはしっかりとそれが記されています。
また、追加料金なしで付いてくる
ライスとザーサイは必須です。
ここの料理を手がけているのは、
かつて総理官邸で料理を担われていた方。
つまり、数多くの総理大臣の活力を生み出していた味。
今の政治は、時に丁寧な仕事が欠けているように伺えますが、
このチャーシュー麺のような、
実直で丁寧な仕事が少しでも増えればと、
願わずにはいられません。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。