丸の内・トナリ タンカラ(880円)

 

Pocket
LINEで送る

トナリ-01.jpg
最後に丸の内TOKIAに足を運んだのは数年前、
当時は、「インデアンカレー」と「つるとんたん」、
あとは「きじ」に長蛇の列ができていました。
で、久しぶりに足を運ぶと、新たに見慣れない行列ができていました。
東陽町にあるトナリが、出店していたのです。
さっそく列に加わってみると、先に注文を聞かれたので、
タンメンと唐揚げのコンビ「タンカラ」をお願いしました。
カウンターに座り出来上がりを待つと「生姜お入れしますか?」
という掛け声、当然「はい」となります。
それが食べたかったのですから。
生姜に醤油で下味がもみ込まれた、大ぶりの唐揚げ。
サクッとした衣とじゅわっとした肉の食べ心地が、
セットメニューのおかずらしからぬ仕上がりです。
そして、タンメン。
見た目だけで野菜不足にうってつけなのですが、
熱々の野菜に箸を伸ばせば、ものすごいシャキシャキ食感。
モヤシを中心とした10種類以上の具、
ゲソやコーンが歯に当たると甘さや弾力が加わって、
全体に胡椒が効いた味に、差し込んできます。
で、やさしくコクのあるスープに合わせるのは平麺。
モチモチの土俵に野菜のエキスやスープの旨みが、
しっかりと絡まってます。
ペースよく食べ進めたところで生姜を崩してみると、
爽やかな香りと食感が加わって、更に厚みのある味に。
ということで、ボリュームに負けることなく完食。
これで880円。立派です。
やっぱり、行列に偶然はありません。
ただ、数量限定のつけタンメンも気になるところですが、
この様子だと食べられるのは、相当の運が必要かもしれません。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。