日本橋・よもだそば 冷やしごぼう天そば+ポパイ天(340円+160円)

 

Pocket
LINEで送る

よもだそば-02.jpg
歩いてみないと分からないものでしたが、
東京駅から大手町や日本橋の距離というのが、
意外に近いことに気付きました。
そんな日本橋駅の近くに、
以前から一度行ってみたかった、
立ち食いそばのお店があります。
本格インドカレーのお店と書かれているほどに、
圧倒的に豊富なメニュー。
店内の食券機の前に立てば、
メニュー数に圧倒されてしまい、
何にしようかと気持ちが揺れてしまいます。
で、今回はごぼう天そばのボタンを押して、
おつりで現金精算のポパイ天を追加することに。
よもだそば-01.jpg
この圧倒的なボリューム、
見えるそばの面積が、こんなに狭いとは思いませんでした。
そばを啜る前に、まずはポパイ天をがぶっと。
サクサクの食感から、糖度の高い寒締めほうれん草の甘さが、
ふわっと広がります。
正直、もうこれだけで十分なボリュームですが、
手のひらよりも大きいゴボウ天に箸を伸ばします。
ざくざくの牛蒡の食べ応えは、
立ち食いそばのトッピングではなく一品料理。
そんな天麩羅に使われているのは、
青森・東北牧場の野菜。だからなんだなぁ…と納得です。
普通、そばの合間にトッピングという流れですが、
ここでは既成概念を捨てることも必要かもしれません。
トッピングの合間にそばを啜る。
張りのある蕎麦と、節の旨みがしっかり効いたおつゆ。
そんなおつゆが染みて柔らかくなった天麩羅の衣。
どちらも美味しいからの満足感。
これで500円は圧倒的なコスパです。
界隈で働く方々にとっても、
アオモリストの自分にとっても、
ここはオアシスなんだなぁと思ったのです。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. JYキム より:

    はじめまして~初コメです!
    今日、サラメシという番組を見てよってみました(^_^)
    こちらは韓国で、夏に東京に行く予定ななんです。
    坂本さんのブログを参考にすると、ガイドブックにはない、日本のサラリーマンが行くお店で美味しいご飯が食べれますね。
    素晴らしい情報、ありがとう!
    (そして下手な日本語ですみません;;;)

  2. jinn より:

    サラメ、かっこよかったです。
    玉ねぎ1個を使ったかき揚げ、これもおいしいですよ~

  3. つきじろう より:

    サラメシご出演の勇姿!、颯爽としてステキでした~☆
    ところで「よもだ」の天ぷら、なんと青森ネタでしたか。
    これはぜひ、ワタシも食べてみなきゃですね・・・!

  4. takapu より:

    【JYキムさま】
    サラメシをご覧いただきまして、ありがとうございます。
    そうなんです、ガイドブックのお店と無縁なのですが、
    私も旅先で食べたくなるのは、旅先の普段の食事そのものなんです。
    それを口にした時の衝撃が、一番楽しいので。
    ぜひ、夏は東京のサラリーマンが普段食べる料理をお楽しみください!

  5. takapu より:

    【Jinnさま】
    ありがとうございます!
    実は、まだかき揚げのカードは取っておいてますw。
    あの分厚さは魅力的ですよね・・・

  6. takapu より:

    【つきじろうさま】
    ありがとうございます。
    颯爽というよりも、生き急いでいるだけでしたがw。
    よもだの天ぷらは、前から気になっていたのです。
    青森の野菜や山菜は当然に旨いので、これは通い詰めですね・・・

  7. 覆面A子 より:

    初めまして!私は見逃してしまったのだけど母から素晴しいブロガーさんをテレビで見たと伺って早速遊びに来ました!写真とか美しくて勉強になります!今後、是非愛読して参りたいです!まずはご挨拶まで!

  8. takapu より:

    【覆面A子さま】
    こちらこそ、初めまして!
    コメントが遅れて失礼いたしました。
    自分自身うんぬんというよりも、
    自分が見てきたり食べてきたものの素晴らしさを、
    こんな形で先の世代に残るのなら…と思っています。
    今後とも、よろしくお願いします。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。