青森県青森市・長尾中華そば駅前店 こく煮干し(750円)

 

Pocket
LINEで送る

長尾駅前店-01.jpg
何かのために色々な活動をしたくても、
身体は一つしかないので、
優先順位を決めて、
効率的に時間を使うしかありません。
自分にとっては昼の時間がまさにそれで、
外との接点が少ない空間から街に出て、
自分なりに見て食べて感じて記して・・・
という生活を9年近く続けてます。
そんなこともあって、
自分は郷土食コーディネーターという顔で、
食文化や食材を魅せる地域活性化のお手伝いをさせていただいてますが、
この日は自分がお手伝いさせていただいた商品について、
青森で講演させていただきました。
で、そんな日の朝。
朝からがっつり食べないと一日持たないこともあって、
青森駅のすぐそばにある長尾中華そばに行きました。
隣の隣にある埼玉屋食堂のいくら丼も、
捨てがたかったのですが、この日の気分は朝ラーだったのです。
長尾駅前店-02.jpg
本当は裏メニューの「ごく煮干し」を注文したかったのですが、
置いてなかったので、濁点を一つ減らしたこく煮干しにしました。
丼から香る煮干しの香り、
そもそも、煮干しは味噌汁の出汁に使われるのですから、
朝との親和性が高くない理由はありません。
レンゲでスープを掬って口に運べば、
寝ぼけ眼がパチっと開くほどの、
煮干しの旨味が広がります。
勢い付いたところでモチモチの手打ち麺を啜れば、
煮干し濃度が高まって、
すぐに食べ干してしまおうスイッチが入ります。
これは健全な中毒。仕方がありません。
麺がなくなったところで、
無料のライスに煮干しのスープを注げば、
味噌汁ご飯ならぬ煮干しスープご飯。
これが旨いんです。
改めて、朝っぱらからラーメンを食べる自分は、
悩ましいぐらいに食いしん坊だなぁと思うのです。
だから、この生活が続いているんだなぁと。
昼時間に何もしなくても時間は過ぎて行きます。
でも、それだと何も生まれないと思っています。
だから自分は、自分にできることで、
地域を元気にするお手伝いをしていこうと、
強く思うのです。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。