大手町・稲田屋 生海苔そばと板わかめごはん(850円+100円)

 

Pocket
LINEで送る

稲田屋-01.jpg
偶然入ったお店で「あっ、これいい!」の経験をすれば、
いつもより強く印象に残るものですが、
大手町のようなビル街でそんな経験に遭遇すると、
嬉しさは更に格別になります。
主役は鳥取の蔵元が営む居酒屋さんの、
生海苔そばと板わかめごはんの組み合わせ。
そばの上にたっぷり盛られた生海苔の、薄く張りのある歯触り。
軽快にコリコリと響く音とそばをずずっと啜る音が、
心地いいハーモニーを奏でます。
そして、追加メニューの板わかめごはん。
パリパリのわかめが気持ち柔らかくなって、
塩味と旨味が馴染んだご飯を食べるにつれて、
少しずつ口の中に潮が満ちてきます。
この感覚、まるで津軽の若生おにぎりのようです。
味もさることながら、香りだったり音だったり。
食べるが心に残る理由には、色々あるものだと、
改めて感じるばかりです。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。