東京駅・ジャンクガレッジ まぜそば(並・750円)

 

Pocket
LINEで送る

ジャンクガレッジ-01.jpg
人間誰しもストレスがたまる時がありますが、
ドカ食いでストレスを解消するとなれば、
今度は取り戻しすのに余計なストレスがたまって…
という悪循環が待っています。
で、そんな気分の時に行ったのが、
東京駅のラーメンストリート。
六厘舎のつけ麺にしようと思ったのですが、
行列を見てこれは逆効果になってしまうと思ったので、
そのまま引き返してジャンクガレッジへ。
まぜそばの食券を買って、
無料トッピングをニンニクに定めて、
適度な行列に並んで、
席に通されたらあとは器が来るのを待つだけ。
ジャンクガレッジ-02.jpg
ダイナミックな麺の盛りに、
チーズ、生卵の黄身、マヨネーズ、
ラー油、ベビースターにニンニク…
もやしの姿は見えるものの、緑色は皆無。
あとは、思う存分混ぜて混ぜて、ずっとズズッと一気に食べ尽くし。
気をつけるべきは、水玉のネクタイに新しいドットを作らないことぐらい。
こってり系なのに、食べ終えた後は気分がすっきりさっぱり。
いやはや不思議なものです。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。