西荻窪・qwalunca cafe 路地裏カフェの光景。

 

Pocket
LINEで送る

qwalunca cafe-01.jpg
曇り空のある日、
クロスバイクで向かったのは西荻窪。
かつて、こちらの方に街をご案内いただいたこともあって、
実は、ちょっとだけ勝手知ったるエリア。
とはいえ、色々な道を走っているうちに、
実はあまり勝手を知らないことが分かりましたが(笑)。
で、向かったのは駅南口の線路沿いに伸びる道から、
一本路地に入った所にあるカフェ。
お店に入れば、丁寧な手入れがされた観葉植物や、
食器類などが買えるセレクトスペースになっていて、
その奥がカフェスペースになっています。
リメイクされた家具が置かれた空間の、
小さなテーブル席に座って、
冷やし肉味噌うどんとハーフサイズのカレー、
あとは食後のコーヒーを注文しました。
壁際の席なので、ピアノやカウンターを眺めつつ待っていたのですが、
ふと棚に置かれた西荻窪のフリーペーパーをパラパラとめくってみると、
小さなビリヤード場の広告が。
それは、日本で一番古いビリヤード場でした。
さりげなく、そんなお店の情報が記されてるなんて、
「西荻窪、すげぇ!」と、ちょっと感動してしまったものです。
そんな高揚感の中で運ばれてきた、
冷やし肉味噌うどんとハーフサイズのカレー。
冷麦ほどの太さのうどんに、
肉味噌を絡めて生野菜も絡めて啜ってみると、
「いいねぇ」と口にしてしまいました。
シャキシャキした野菜のエキスと、肉味噌の味とが混ざり合い、
ここで生まれる味がうどんの細さに丁度いい塩梅です。
qwalunca cafe-02.jpg
そして、食後のコーヒー。
毎日違う朝の一時に、毎日変わらず寄り添って欲しい味です。
お店を出ると、隣の隣にあるパン屋さんが賑わってました。
細い路地なのに、いや細い路地だからこそ、
こういった光景に味わいを感じてしまうのでしょう。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。