神田・まるしん 冷奴ぶっかけうどん(650円)

 

Pocket
LINEで送る

まるしん-01.jpg
丸の内界隈からちょっと足を伸ばして、
隣の神田駅界隈へ。
日常にハレの日的な空気が流れる丸の内に対して、
生活感のある飲食店が立ち並ぶガード下には、
肩に余計な力を入れなくていい感じの空気が流れています。
そんなエリアで発見したのが一軒のうどん屋さん。
店頭の食券機に近づいてみると、冷奴ぶっかけうどんの文字。
丁度、汗がじんわりと流れるような暖かさだったので、
無意識にボタンを押してました。
ねぎ、かつおぶし、揚げ玉、わかめ。
そこにどーんと冷奴。
薬味がシンプルだから、
うどんと豆腐の姿に惚れ惚れします。
うどんが唇に触れれば、
磨き抜いた金属のように滑らかな口当たり、
歯を当てれば押し返さんとする強い弾力、
そしてモチモチとした噛み心地がシンクロします。
そこに、うどんと真逆の食感。
冷奴があるからこそ、うどんの逞しさが際立ちます。
これに絡むおつゆは、
昆布にいりこ、かつお節に宗田節の旨みがしっかり。
冷たいうどんのおつゆは、
どちらかといえばタレ感が強いものですが、
これは、かえしとのバランスが飲めるし絡むしの丁度いい塩梅です。
お隣の男性客が食べていた、
熱々の鳥もやしうどんが気になったところですが、
それ以上にうどんと真剣に向きあっているオーラが、
ヒシヒシと伝わってきます。
きっと、この空気こそが、
神田のランチタイムの空気なんでしょうね。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。