鷺ノ宮・エルビエント 無言の契り

 

Pocket
LINEで送る

エルビエント-05.jpg
鷺ノ宮の駅も妙正寺川が流れる南口に出れば、
閑静な住宅街が広がっています。
そんな界隈をぶらぶら歩いていると、
一軒の珈琲店に到着しました。


ドアを開けるとカウンターと小さめのソファー席が2つ、
こじんまりとしたお店です。
カウンターに座ってブレンドを注文すると、
ご主人は後ろにあるミルで豆を挽き、
ネルに入れたらドリップポットから、
少しずつお湯を注ぐ。
沸々と泡立って来ると、
パイレックスのビーカーに、
少しずつ珈琲が溜まっていきます。
一通り、抽出し終わったらネルを外して、
大胆な動きでアクを取ります。
ワインを空気に触れさせて目覚めさせるかのように、
何回も何回も。驚きの瞬間です。
エルビエント-04.jpg
華美な個性はなく、とことん美味しさを導き出した一杯。
澄んだ空気の中で小さな音が静かに響くように、
心の中を静かに響かせます。
カウンター席で飲むには最高の味です。
旅行好きでカメラ好きなご主人は、
時間を作っては海外に足を運び、
色々な刺激を受けて帰ってくるそうですが、
行く先々でよく口にしていたのが、
ホットアップルサイダーなんだそうです。
ただ、国内にある色々なりんごジュースで試したものの、
理想的な味ではないということで、
これまでメニューに置いてなかったようですが、
最近になって、これを知り、
取り寄せてみたところ、理想的な味だったそうで、
今はメニューとして扱っているそうです。
洒落たカフェではなく、
昔からの常連さんが朝一番で通うような佇まい、
ここで珈琲とトーストを食べることが、生活の一部になっている。
まるで、無言の約束を自然に交わしているかのようです。
お店と客がそんな関係が築けることは、
ありそうでなかなか多くはありません。
ここは、大人の方に足を運んでいただきたいお店です。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。