青森県十和田市・十和田市現代美術館 風舞いの桜

 

Pocket
LINEで送る

十和田市現代美術館-07.jpg
一昨日、北海道根室市で桜の満開宣言が発表され、
2012年の桜前線はゴールを迎えました。
晴れたり曇ったり、時に大雨の中に咲く桜だから、
美しさや儚さは空模様と共に、記憶へと姿を変えるものです。
そういえば、GWに十和田市で見た桜もそんな感じでした。
朝までの雨で、市役所通りの桜の大半は散ってしまい、
木々の姿は少し寂しげでしたが、
風に舞った花びらは、色々なものに優しい彩りを与えていました。
十和田市現代美術館-09.jpg
紅に染まるハキリアリ「アッタ」にも桜の花びらが。
どことなく、舞台演出のごとくアッタが花びらを降らせているようにも見えませんか?
十和田市現代美術館-08.jpg
久しぶりの十和田には、
以前に来た時に比べて、色々な施設やお店が増えていて、
更に魅力的な街になっていました。
もっとも、昭和時代の十和田には
「松木屋」や「亀屋」というデパートがあって、
もっと賑わっていたといいます。
でも、時代が移ろうことによって賑わい方も変わるもの。
今の十和田が面白いのは、
平成時代ならではの賑わい方が、
街の色々な所で生まれているからこそ。
そんな十和田をちょっと散歩してみましょう。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。