吉祥寺・旅人の木 油そば(中、キムチとチーズのトッピング/780円+150円)

 

Pocket
LINEで送る

旅人の木-01.jpg
ひと月ぐらい前に食べた、
あの塩そばの味が忘れられず、
再び旅人の木に。
ただ、この日は少し汗ばむ陽気だったので汁物ではなく、
キムチとチーズのトッピングを追加した、
油そばを注文しました。
器の底からタレを混ぜ合わせると、
熱々の湯気と共に立ち昇るのは、
濃厚なタレと魚粉の香り。
混ぜ合わせた後の姿に、どことなく品を感じるのは
具の大きさにメリハリがあるからかもしれません。
とはいえ、食べる姿には品格は不要で、
一気にズズッと麺をすするだけ。
ピリ辛タレの刺激に乗って、勢いは止まりません。
揚げ玉ねぎの存在感も、
チーズのコクもキムチの歯触りも、
麺をすする楽しさを美味しく膨らませます。
まさに、無我夢中。
あっという間に器は空っぽに。
しばらくは、この店を訪れる小さな旅が続きそうです。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。