大手町・四国味遍路88屋 丸の内店 かけうどん+ミニ鰹丼+じゃこ天(380円+380円+200円)

 

Pocket
LINEで送る

四国味遍路88屋 丸の内店
丸の内からちょっと足を伸ばせば、
昼夜の人口密度が高い大手町。
とはいえ、この界隈には飲食店の数が少ない印象があったので、
商業エリア”iiyo!!”のオープンは、
街のランチタイムを変えるきっかけになりつつあります。
大地を守る会の農園カフェや、牛すじ煮込みカレーのお店など、
バラエティに富んだ店舗構成ゆえ、
フロアに足を運べば必ずや琴線に触れるお店がある。
そんな感じです。
で、そんなエリアの混雑も、
さすがにオープンから2ヶ月経過すれば、
一段落しているかなぁ…と思い、
ある日のお昼に足を運んだものの、
まだ、どのお店にも長蛇の列が。
ということで、
回転が速そうな讃岐うどんをメインにしたこのお店に行き、
かけうどんと鰹の丼、そしてじゃこ天を注文しました。
いりこの出汁が効いたおつゆ、滑らかなうどんの啜り心地。
かけうどんでシンプルに味わって、
藁焼き鰹に揚げたてのじゃこ天の香ばしさ、
つまり地域の魚感を堪能するのが、
自分の接し方になりそうです。
こういったフロアに地域の食文化が並ぶことは、素敵なことです。
讃岐うどんは既に絶対的なアイコンなので別格としても、
例えば、うどんのトッピングとして用意されている、
フィッシュカツのようなものに、
更なるスポットライトが当たる機会が増えることで、
地域に対する関心が強くなり、
地域のことを話すことが楽しくなる。
もちろん、そこで出される味は本物じゃないと、
逆パブになってしまい意味がありません。
でも、このお店の場合には、
夜のメニューには見慣れない料理名が並んだり、
お菓子や調味料も販売されていたり。
そんな部分もあって、
無意識のうちに自分の琴線を刺激していたのかもしれません。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。