銀座・岩戸 穴子天ぷら定食(1,000円)と、冷汁定食(950円)

 

Pocket
LINEで送る

岩戸-01.jpg
サラメシの取材でお世話になった時以来、久しぶりに岩戸に。
「いらっしゃい!」の笑顔に癒され、
厨房に注文を告げるハスキーな声は変わりません。
この日に注文したのは、穴子天麩羅定食。
香ばしさに包まれたふわふわの穴子は、
サクサクという音と共に目の前から姿を消しますが、
カレーもやしと漬物がそばに居てくれます。
いつもと同じ大満足の食後感で、いつものようにお店を後に。
一つだけ違うのは、帰り際に冷汁が始まる時期を伺ったことです。
それから2週間後、シーズン開幕を確認して、
お店に一目散で向かいました。


岩戸-02jpg
これです、これです。
大きな器にたっぷり入った冷汁。
薩摩揚げにも変わらぬ姿で会えました。
岩戸-03.jpg
青魚とゴマ、そして味噌の美味しさが凝縮されたお汁に、
豆腐や胡瓜、ミョウガに刻み大葉。
具だくさんの汁を熱々のご飯に馴染ませて、
あとはサラサラと食べるだけ。
一気に食べてしまえば暑さを忘れ、
エネルギーが身体に満ち溢れます。
冷汁と言えば、関東の人間にとっては、
宮崎全般で食べられている。
そんなイメージがあります。
しかし、都城のように鹿児島文化圏が強いエリアの場合、
以前は、あまり食べることがなかったようです。
少しずつでも、美味しいものとの接点が増えることで、
地域固有の食文化が、日本全体の物になる。
もちろん、そこに地域らしさがミックスされます。
ネイティブなものが評価されて広がるということは、
つまりそういうことなんだと思います。
そして、21世紀という時代。
食文化との接点として、
料理が生まれた時に宿っていた美味しさを、
しっかりリレーしてくれるお店が欠かせません。
自分も津軽伝承料理の接点を増やすために、
こういった活動をしていますが、
そのためには、岩戸のように丁寧な仕事をするお店と、
巡り会いたいものです。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。