池袋・福義 ワンタンメン+鯛焼き(550円+180円)

 

Pocket
LINEで送る

120617 03
池袋の街中を歩いていると、
至るところで目にするのがラーメン屋さん。
そんなラーメン激戦区にあって、
独特の空気に包まれているのがこの一角。
明らかに鯛焼き屋さん、でも、ラーメンの文字が記された赤暖簾。
テイクアウトで鯛焼きを買うお客さんの波は絶えません。
となれば、店内に入るしかありません。


小さなテーブル5卓に、一人用の席が一つ。
まるで、もんじゃ鉄板のある駄菓子屋さんのように小さな空間で、
まずはワンタンメンを注文しました。
120617 01
これぞ、昭和の佇まい。
チャーシューにナルトにメンマに葉物野菜。
思えば、近所の中華屋さんのガラスケースに並ぶサンプルは、
どれもこんな感じの姿でした。
鶏ベースの醤油ラーメン。
薄化粧のラーメンなのでシンプルに美味しさが舌に広がります。
不思議な存在感と心地よい食感のワンタンを食べつつ、
スープをグビグビ飲みつつ、そして汗を拭きつつ。
つるつるとちゅるちゅるを交互に楽しみます。
で、食べ終わったところで、鯛焼きを注文。
120617 02
パリパリの皮と、ど真ん中にずっしり詰まった甘い餡との組み合わせ、
天然ものの焼き型を使っているので、味に品格があります。
ちなみに、テイクアウトだと一つ150円ですが、店内で食べると180円。
甘しょっぱいの流れを体感するのに、30円の差額はお得です。
この手のお店の味が持つ美味しさは、
時に思い出補正と呼ばれることがあります。
ただ、生まれた時代が違えば、美味しいと感じるものの下地は全然違うものです。
味覚の基準が作られる時代背景が違うのですから。
おそらく、それは20年刻みぐらいで大きく変わるのでしょう。
だから、20年刻みを飛び越えて40年とか60年営まれているお店の味は、
それは誰もが認める普遍の美味しさ。
昭和38年に開店したお店の普遍的な美味しさ、大切にしたいものです。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。