中村橋・やきにく家 最後の晩餐。

 

Pocket
LINEで送る

やきにく家-03.jpg
6月の最終週となると、牛レバ刺しの食べ納めのムードは更に佳境に。
で、自分が食べ納めをしようと思ったのはこのお店。
1階のゲームセンターを含めて、味わい深い佇まいです。
小上がりの席に座って壁に貼られたメニューを見ると、
「レバ刺し」の文字も見納めかと、ちょっと切なくなります。
ということで、最後の一皿となる牛レバ刺しが運ばれてきました。


やきにく家-04.jpg
艶やかな姿、たっぷりのネギにゴマ。そして、漬けタレはごま油。
実はこの日は1テーブルにつき、1人前のみという条件つき。
なので、このお店の名物メニューだという、
味噌タレのレバ刺しは注文することができませんでした。
でも、最後にこの姿に会えればいいんです。
プルンプルンの食感、トロっととろける独特の風味。
最後の一切れを食べ終えた時、ちょっと目が潤んでしまったのはここだけの話です。
やきにく家-05.jpg
もちろんレバ刺しが主役ですが、クヨクヨしても仕方がありません。
お肉もたっぷりといただきましょう。まずは、タン塩から。
やきにく家-06.jpg
凹みに七輪を差し込み、ダクトが煙を吸い込んでくれるので、
美味しい香りだけが食欲を刺激してくれます。
タンの食感と旨みもさることながら、
たっぷりのネギ塩ダレがタン塩の醍醐味を一層際立てます。
やきにく家-07.jpg
次に、上カルビ。ワサビ醤油でいただきます。
やきにく家-08.jpg
七輪に滴る脂が炭の動きを活発に、
熱々を頬張れば全身に力が漲ってきます。
やきにく家-09.jpg
味噌ダレハラミには卵の黄身を絡めるのですが、これが相当に旨いんです。
旨すぎて沈黙が流れてしまうのが、唯一の欠点です。
やきにく家-13.jpg
そして、ロースも焼きましょう。
グシュグシュ噛む度に味を引き出すこの感じ、
これぞ焼肉です。
やきにく家-12.jpg
塩ホルモンを大量に乗せたら、
グラディウスのように七輪から立ち上る炎。
じゅんわり溢れる脂の甘味がたまりません。
やきにく家-10.jpg
食事は、ビビンバを。
石焼きではないビビンバのいいところは、
ご飯+焼肉の感覚で食べられること。
やきにく家-14.jpg
そして食後のデザートは、
蜂蜜がたっぷり入った金属トレイでバナナを炙って…
やきにく家-15.jpg
アイスと絡めます。
熱々のバナナがアイスを溶かし蜂蜜と絡んだ味は、
「これだけを食べに来たい!」と、思ってしまいます。
食後、お店のご主人にレバ刺しの話を伺うと、
6月は市場に回るレバ刺しの絶対量が少なかったとのこと。
一人でも多くの方にレバ刺しを食べてもらいたい。
そんなこともあっての、1テーブル一皿だったようです。
牛レバ刺しを囲む最後の晩餐で、
素敵なお店に巡り会えました。
やっぱり、食文化はどういう形であっても、
人を繋いでくれるものです。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。