銀座・カフェ・ド・ランブル カフェ・クレーム(シングル・650円)

 

Pocket
LINEで送る

カフェ・ド・ランブル-03
オレンジ色の看板に書かれた「珈琲だけの店」の文字。
銀座のシンボルたるお店に入れば、
テーブルの真ん中には大きな灰皿、
天井から吊り下げられた、隣の席との間仕切り板。
メニューを見れば、確かに珈琲だけ。
その中から、カフェ・クレームのシングルを注文。


カフェ・ド・ランブル-02
白いカップから立ち上る豊かな香り、
吸い込まんとする琥珀の世界。
舌に広がる酸味と心地よい余韻の中に、
確かに豆が生きています。
カフェ・クレームなのに、
結局クリームを使わなかったのですが、
この世界に包まれているうちに、
タイミングを逸してしまったのでした。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。