銀座・ニューキャッスル 辛来飯(ツン蒲・840円)

 

Pocket
LINEで送る

ニューキャッスル
「いつでも行けるから、今日はいいや。」
そんな考えでいるから、
お店が閉まった時に心の底から後悔する。
「いつ行こう?」
じゃない、今行かずにどうする。
「あぁ、行っておけばよかったなぁ…」
なんて、自分を主役にした三文芝居に浸ってるんじゃない。
横文字の花が可憐に咲く銀座に根ざした、
雑草のごとき逞しい外観。
窓際の席に座って、
大森、大井を通過して蒲田を頼んだけど、
もっとたっぷり辛さのシャワーを、
果物と野菜のスポットを浴びたくて、ツン蒲に切り替える。
半熟卵をスプーンで破る前に一口、辛い。
また一口、辛い、旨い。
舌が辛さとスパイスの虜になる、
舌の端から端をマントのように一瞬にして覆う。
一刺しも二刺しもする比類なき辛さは、いつだって全開だ。
だから、蒲田の先のツン蒲まで乗り越したい。
半熟卵の黄身を崩す、まろやかになる。
でも絶対に味は寝ぼけない。雨にも風にも負けない根っこがあるから。
白身と黄身をバランスよく…なんて考えるのは無粋、
むさぼれ、夢中でむさぼれ!
器が空になるまで一気に駆け抜けろ、
辛さと旨さの先を突っ走れ。
それが、この味を守り続けてきたお店に対する流儀だ。
食後はお水をぐいっと。
食べているうちに、1杯目が空になって、
ご主人に注いでもらう2杯目を。これが旨いこと旨いこと。
3.11以降、お店が地盤沈下してしまったことと、
建物の老朽化したのを理由に、ここで一旦幕を下ろしてしまう。
でも、味の記憶は緩まない、味への愛情が老いることもない。
帰り際に伺えたのは、
また、場所を変えてやるかもしれないという、
嬉しい一言。
銀座の地から辛さと旨さと居心地で、
昼の1時間だけオリジナルの世界に連れ行ってくれる。
そんなことができるお店、やっぱり思いつかない。
今月までだなんて、寂しすぎる。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. あおてん より:

    はじめまして、あおてんと申します。
    私も転勤で青森に行き、特に青森のラーメンにはまってしまった口です。
    takapuさんのこのブログもちょくちょく拝見させていただいておりました。
    4月から勤務先が有楽町になったため、ニューキャッスルには一度行ってみたいと思っていたのですが、閉店とは。
    すぐにでも行きたいところですが、現在出張中のため叶わず・・・非常に残念です。
    とっとと行っておけばよかったです・・・
    是非新しい場所で再開してもらいたいですね。

  2. ロレンス より:

    なんと!
    こういうお店が銀座からなくなるのは
    さびしいですね。
    まだ品川は食べたことがないんだけど、
    でも最後が品川じゃ物足りないよなぁ…

  3. takapu より:

    【あおてんさま】
    初めまして、takapuです。
    一日一麺さんから色々とお伺いしております。
    長期出張中となれば、難しいところですが、こういった老舗に行く機会は、お店の「いつもやっている安定感」に、甘えてしまうんですよね…
    ありがたさは無くなってから分かる。そんな感じですね。黒石の藻川屋さんみたいな感じでしょうか。

  4. takapu より:

    【ロレンスさま】
    品川?いえいえ、ぜひツン蒲で!!!終点まで突っ走りましょう!!

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。