中野坂上・おむすび屋こめり 茎ワサビ、玄米おこげ、紅鮭おにぎり、唐揚げ(580円)

 

Pocket
LINEで送る

おむすび屋こめり-02.JPG
小さい頃から、
自分にとっておむすびは母の味。
熱々のご飯を冷まして、手に塩を取りぎゅっぎゅっと。
何百粒かの米粒が、朝日で輝く三角むすびに姿を変える。
一つ一つができるまでの時間は短くても、
その手は長い時間でできている。
だから、おむすびを食べると母親が過ごしてきた時間が、
多少なりとも共有できるような気がする。
機械で模られたおにぎりは、
三角だろうと丸だろうとやっぱり何か違う。
何も共有できないからなのかも。
中野坂上の駅近くにあるおむすびのお店、
ガラスケースには10種類ぐらいのおむすびが並び、その上にはお総菜。
出来立ての美味しさと、落ち着いた感じの美味しさが一緒に並んでる。
お店でおむすびを選ぶ基準は、正直言えば具の目新しさが第一。
あと、米の種類が色々有るときは、具がかぶらないこと。
茎ワサビを選んで、玄米おこげを選んで、
最後の一つは紅鮭に。
そのうちに、ガラスケースの上には揚げたての唐揚げ。
これもワンパック分注文。
おむすびを食べるときは、いただきます。
どんな料理よりも、この言葉がしっくり来る。


おむすび屋こめり-01.JPG
手にしただけで崩れるような、あっけない繋がりじゃなく、
歯に当たってぐにゅっと潰れて押し返すものでもない。
空気で繋がり空気が結ぶそれがおむすび。
このお店のおむすびは、大きさこそ小さめなのに、
ボリュームは申し分なし。しかも、お米のほぐれ具合が心に染みる。
茎ワサビの心地よく爽やかな刺激、
玄米おこげの、プチプチと弾ける食感と滲む旨さ、
紅鮭のほぐし身とご飯が混ざり合う感覚。
この楽しさがないと、おむすびじゃない。
揚げたてだった唐揚げの香りは、
少し落ち着いた感じになって、
幸せな弾力と共に、
ほのかにニンニクしている醤油ダレと肉の旨みに浸る。
母親がおむすびを作る時も、唐揚げが欲しいとわがままを言って、
遠足の時も運動会の時も、その組み合わせが楽しみだった。
自分にとってのハレの日ごはんは、やっぱりこれ。
だから、おむすびが大好き。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。