戸越銀座・PEDRA BRANCA 歩き疲れたら。

 

Pocket
LINEで送る

PEDRA BRANCA-02
打ち水恋しや、土曜のお昼。
こんな気温の高い日に、
歩き慣れてない戸越銀座の街を、
熱々のラーメンを食べた身体で端から端まで歩けば、
突然の夕立ちも大歓迎。
街の熱気は大好きだけど、この暑さから逃げるには、
ビール片手に唐揚げさんに立ち寄るか、
ハイボール片手に焼鳥屋さんに居座るか。
でも、どのお店もカウンターは満員御礼。
となれば、あとはカフェで一休みがベストの選択肢。
メインストリートから一本曲がって、
たどり着いたのがこのお店。
一軒家の1階を改装しているので、
居心地の佳さは申し分なく、
窓際の席に座れば、
緑が風に揺れる度に目に涼しさが届きます。
メニューブックを見ながら、
気になったのはボードに書かれた果実酒たち。
確かに、出迎えてくれたのは色鮮やかなボトルでした。
ということで、ゆず酒のソーダ割りと洋梨酒のロック、
アテの代わりにコーヒーゼリーを注文。
洋梨の堂々たる甘さに、すっきりとしたゆず酒の香り。
ゆっくりと涼やかな甘さに酔ってみましょう。
コーヒーゼリーの上には、手作りのバニラアイス。
アイスクリンのようにシャクシャクした歯触りに、
ほろ苦コーヒーゼリーの組み合わせ。
豆の種類が冠に付されていたので、
日々、違う味に出会えるはず。
駅に向かう道は、1時間ぐらい前よりも更に賑わいを増していました。
買い物袋の音が響く中、珈琲豆屋さんを探しつつ、でも見つからず。
それは、「また来なさい」と街が呼んでいるからだと、
勝手に思い込むことにしました。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。