大宮駅・清里高原かつサンド

   2014/11/27

Pocket
LINEで送る

清里高原かつサンド-01
東北新幹線で北上して青森へ。
いつもの大宮駅は東北への玄関口ですが、
この日の新幹線ホームは北陸への玄関口。
以前からお付き合いのあるこのブログに触発されて、
新潟県に向かいます。
未訪の地なので、やはり食べたいものが目白押し。
となると、朝食の駅弁はやや軽めのものを。
でも軽めの駅弁となれば、価格も控えめになるので、
駅構内のコンビニと競合する価格帯や商品ゆえ、
意外に数が少ないものです。
で、ようやく見つけたのがこのかつサンド。


清里高原かつサンド-02
箱の中身はかつサンド3切れ。
思いの他しっかりした肉質で適度な満腹感。
求めていたのは確かにこの感じ。
でも、副菜がなかったせいか、
わずかに物足りなさも残りました。
冷めて美味しいが駅弁の基本。
なので、サンドイッチと駅弁との親和性は高いのですが、
パッケージとして考えると、まだまだイノベーションの余地がありそうです。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。