神保町・リベラルテーブルカフェ ランチセット(880円)

 

Pocket
LINEで送る

リベラルテーブルカフェ-01
自分が社会人の時間を過ごしている組織は、
世の中との接点がほとんどなく、前向きに関心を持つこともない。
昼の時間には、同期の愚痴やら不毛な悪口エピソードに花が咲く。
そんな時間と空間が嫌でたまらなく、
接点として動けるお昼の時間帯に街に出て、
看板やら歩いている人、あるいは色々な変化を観察し、
食べたものとそこで見たものを残したい。
自分なりの接点を作りたいという気持ちから、
このブログを始めました。
当時、よく行ってたのは赤坂のコロンビア通りにあった一軒のカフェ。
サンドイッチの具を5種類から2種類選び、あとはコーヒーを飲みながら、
お店にたどり着くまでに見てきたものについて、
色々と想像を巡らせる。
そんな感じでした。
ある日、自分にとってのランドマークは、
突然閉店してしまいました。
居心地の良さのランドマークでもあったので、
似たようなお店を探しながら昼時間を過ごしているうちに、
立地とか価格とか、おぼろげながらも、
ランチタイムにまつわる色々なことが見えてきました。
そう考えると、
食べ物のことをちょっと強く考え、食べ物で地域を元気にしたいと
考えるようになったきっかけは、このお店だったのかもしれません。
それから約10年以上経過し、
神保町に自分にとってのランドマークたるお店が、
今も営まれていることを知ったのです。


リベラルテーブルカフェ-02
以前と変わらず、5種類のフィリングからサンドイッチを選び、
ドリンクも選ぶ。サラダかマフィンも選べます。
ガラス越しに見える眺めこそ変わったものの、
食べごたえあるサンドイッチと珈琲の香り、
そして居心地の良さは以前と変わらず、
普遍的な良さがそこにありました。
残念ながら、昔からの名物・バナナシェイクを飲む時間はありませんでしたが、
初心を思い出させてくれるこのお店があることは、
本当に自分にとってありがたいことなんです。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。