京橋・名前のない立ち食いそば屋さん 冷やかけ、かき揚げ、ごぼう天(全部で500円)

 

Pocket
LINEで送る

名前のない立ち食いそば屋さん-01
京橋界隈には「京橋四天王」を始めとして、
様々な美味なる店が立ち並びますが、
最近、大きなビルを建てている付近にあるのがこのお店。
店名がなく入口も小さく、
独特の雰囲気ゆえ、通り過ぎてしまいそうになりますが、
店内に入ると左手には、天麩羅やコロッケの入ったバットが置かれ、
壁にはメニューが貼られています。
店内は7人も入れば一杯になる広さ、
背中触れあうも何かの縁。
そんな立ち食い蕎麦屋さんです。
さて、注文したのは冷やかけにかき揚げとごぼうの天麩羅。
「お待ちどうさま。」と、器が目の前に出されると、
とにかく、そのボリュームに圧倒されます。


名前のない立ち食いそば屋さん-02
大きくダイナミックに切られたごぼうは、
まさにざっくりとした食べ応え。
細目のごぼう天よりも、このぐらいの太さのほうが、
噛む覚悟みたいなものが持てるのは、気のせいでしょうか。
そして、かき揚げもタマネギのシャクシャクとした食感と甘さ。
お蕎麦の塩加減と野菜の甘さのバランスを、
立ち食いの舞台で感じると、
ものすごく得した気分になります。
そばを啜る合間に天麩羅を口に…
ではなくその逆です。
とにかく、このボリュームが素敵です。
壁のメニューにあるカレーも気になったり、
カレーに天麩羅を乗せたり(笑)。
ワンコインで色々な楽しみ方が想像できるのが、
こういう場所の立ち食いそばの醍醐味。
そう思うのです。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。