青森県青森市・吉田屋 むじなそば(中華そば版・中盛/700円)

 

Pocket
LINEで送る

吉田屋-01
東京の気温は高かったり低かったり、
まだまだ気まぐれモードが
続いております。
そんな時に思い出すのは、
青森にある一軒のお蕎麦屋さん。
長い残暑の中で、狸と狐が同居する
冷しむじなそばが食べたくなるんです。
で、問題は麺選び。
基本形は日本そばなのですが、
このお店では、手打ちの中華麺も選べるんです。
ということで、滑らかな舌触り恋しき気分に従って、
中華麺バージョンで中盛を注文してみることに。


吉田屋-02
お盆に乗って運ばれてきたむじなそば、
「中盛りでこのボリュームとは…」と、
驚きを隠せません。
勢いよく麺をズルズルと啜り、
揚げ玉のサクサクした歯触りと、
グシュっと溢れる油揚げのおつゆ。
シンプルなのに食べ飽きないのは、
分かりやすさと楽しさが、
ムジナの穴に入っているからこそ。
だから、ボリュームに負けることなく、
気がつけばお皿は空っぽ。
無心で啜れる美味しさは、
乱れた気温の中で頼りがいのある一品です。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. yuki より:

    ここここここです。
    こちらに行きたかったのです。
    あぁ飛んでいきたい。

  2. takapu より:

    【yukiさま】
    今日も、少し陽射しが強く感じる東京です、
    なので私もこのお店に行きたいんです!!

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。