新潟県新潟市・cafe砂場 砂場スペシャルと焼き立てスコーン。

 

Pocket
LINEで送る

cafe砂場-01
よく「旅の目的は人と出会うこと」なんて耳にします。
初めて訪れる地に住む方と一言二言、
その場所に関する会話をするだけで、
心の中に街への興味関心が生まれ、
色々な扉をノックする機会が増えていく。
街を好きになるということは、
そんな感じなんだと思います。
決して、ガイドブックだけで好きになるものじゃありません。
古町の中心街から一歩路地に入ると、
長屋のような建物が目に入ります。
細い階段の上にある青いファサード、
ぽこっと浮かび上がる出窓、そして濃紺の看板。
これが、cafe砂場の目印です。


cafe砂場-02
階段を上ってお店に入れば、
ママさんとおぼしき女性が出迎えてくれました。
窓際や棚を占めるのは無数の雑貨や雑誌、
シンプルに何も置かないカフェが今どきのスタイルとすれば、
ここは昭和の面影がそのまま残る一角。
青森で言うところのマロンのようなお店。
「観光でいらっしゃったんですか?」
ママさんがそう声をかけてくれたのは、
明らかに大きなカメラを持ってるからなのですが、
こんな一言が街への入口になるものです。
お店のメニューを眺め、
気になったのは「砂場スペシャル」という珈琲とスコーン。
特に前者は800円という価格だったので、
ちょっと躊躇したのですが、
旅先で食べずに後悔することほど、
大きな心の痛手はありません。
なので、この組み合わせで注文しました。
cafe砂場-03
一杯ずつ丁寧にネルドリップで淹れる所作、
お店の柔らかな照明に呼応するかのように、
ポットにゆっくりゆっくりと。
まるでお店のリズムをコーヒーが奏でているようです。
cafe砂場-04
酸味や甘味、あるいは苦味といったものが
飛びぬけて強いのではなく、
全体にスケールが大きく懐が広い一杯。
ぬるめのお風呂と同じで、
いつまでも浸っていたい美味しさです。
「よく、アルビレックスの試合を見に来た関東の方が、
うちのお店にお越しいただいてるんです。」
そんな感じでお話を伺っていると、
スコーンの焼き上がりをオーブンが告げました。
cafe砂場-05
サクサクとほのかにしっとりした食感、
プレーンに紅茶にパイン。
味の違いを確かめながら、
シロップをかけて一口食べ進めるたびに、
珈琲が恋しくなります。
帰り際に再訪を告げると、
「あ、私はいつもいるわけじゃなくて、月数回ぐらいなんです。」
という一言。どうやら、オーナーさんは別の方のようでした。
でも、お店の雰囲気やコーヒーに触れること以外にも、
月数回のタイミングに遭遇することが、
このお店に来る理由になりました。
街を好きになるということは、
そういうことなんだと、改めて感じました。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。