青森県七戸町・Café Green Breeze 珈琲とワッフルと八甲田と

 

Pocket
LINEで送る

Café Green Breeze
東北新幹線が新青森まで延伸して早2年。
八戸駅から新青森までの約80キロを、何度もお世話になっていますが、
実は間にある七戸十和田駅で降りたことがありません。
どちらかというと青森市から車を走らせて、
七戸の道の駅に行くイメージが強いもので。
で、七戸で菊とイカの南部文化系田舎そばを食べた後、
帰りに立ち寄ったのが駅近くのカフェ。
観光客向けのメニューとして、
地の野菜をシリコンケースで蒸したり、「けいらん」があったり、
あるいは県内菓子輔の包装菓子をドリンクのお供にできたり。
で、色々並ぶお菓子を眺めていると、
都内のコーヒースタンドで、輸入菓子と共にコーヒーを飲む感覚に似てるなぁと。
日本各地にコーヒーとの相性が考えられた菓子があることを思えば、
このスタイル、むしろ都内で見かけてもいいのかもしれません。
傍らにあるスマホはwifiを拾い、視界には八甲田山の姿。
そんな中でコーヒーとワッフルが運ばれてきました。
焼き立ての香りからサクサクの食感に展開し、
クリームやジャムを塗りながら食べ進めます。
全線開業後、唯一七戸十和田駅に立ち寄った時、
駅前にちょっと一息できるスポットがないなぁ…という印象だったので、
この使い勝手の佳さ、丁度いい感じです。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。