青森県青森市・田むら 鬼にぼし(650円)

 

Pocket
LINEで送る

田むら-01.jpg
自分はニボシストなので、
3ヶ月周期で体内煮干しメーターが空になり、
青森で食べるあの味が恋しくなるものです。
もちろん、年明けの帰省時もそれは変わらず、
メーターの警告音が鳴り響く中、田むらに向かいました。
食券機で鬼にぼしのボタンを押して後は待つだけ。
人気店ゆえ少し時間を要するのですが、
それはアイドリングということで。
濃厚な煮干しラーメン特有の、銀色に輝くスープを一口飲めば、
鬼の往復ビンタのごとく、出汁の旨みと香りが舌と鼻腔を駆け抜けます。
あっさり系の煮干しラーメンの旨みが、
身体にゆっくり入ってくるものとすれば、
これは除雪のブルドーザーのように一気呵成。
一口ごとに出汁の鎖が身体に絡みついてきます。
もちもちした自家製麺をすすって、
大きなチャーシューにかぶりついて、
麺を食べ進めると器に残るスープはわずか。
この最後の一滴を飲み干すと、
煮干しメーターは満タンになる一方、
悲しいかな、お別れ寂しさメーターが満タンになってしまいます。
でも、この後ろ髪感こそが旅先の醍醐味。
そして「また来よう」の始まり。
ご当地グルメと総称されるものは、伝承系や開発系多々ありますが、
これが頭に思い浮かぶものこそ、本物なんだと思います。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。