自由が丘・モンブラン 日本の礎

 

Pocket
LINEで送る

モンブラン-01
とかく、発祥店とか元祖店の言葉に弱いのですが、
自由が丘の洋菓子店「モンブラン」もその一つ。
もちろん、ここで生まれたのは日本型モンブラン。
全国で見かけないことがない、メイドインジャパンのケーキ。
見た目はとってもシンプル、
今ではクラシックスタイルとされる形ですが、
メレンゲ、マロンクリーム、バタークリーム、カスタードクリーム、
スポンジケーキ、そして一番奥深くには剥き栗。
一口ごとに喜びが変化して、
全世代が口を揃えて「おいしい」を感じる。
笑顔のリレーが無意識に続くケーキものは、
モンブランとショートケーキぐらいではないでしょうか。
これも偉大な日本食文化。
雅な和食だけではなく日本洋菓子だって、
後世に受け継がれるべき世界遺産だと思うのです。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。