池袋・つけ麺 椿 つけ麺(大盛り・850円)

 

Pocket
LINEで送る

つけ麺 椿-01
一汁三菜型な食事が思考寄りとすれば、
麺料理は本能寄りな感じがします。
「何食べたい?」は、つまり「何を啜りたい?」であって、
あの所作で本能を満たすからではと思ったり。
例えば、つけ麺と決めればお気に入りの店に行く。
とてもシンプルな意思決定。
濃厚出汁が効いた魚介トンコツのつけ汁をたっぷり絡めて、
心のままにずずず…と麺を啜る。
麺の真ん中に鎮座するハーブ豚をバクっと頬張る。
スープ割でつけ汁のもう一つの顔を味わう。
腹八分目を通り越し、十二分の満腹に浸る。
見た目や味の組み立ては、時代と共に進化していますが、
いつだって、麺類はシンプルに食欲を満たしてくれます。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。