雑司が谷・あぶくり ローストポークとリンゴのサンドイッチプレート

 

Pocket
LINEで送る

130317-03.jpg
東横線の渋谷駅が地下ホームに移転して、
横浜と埼玉が一本でつながって最初の日曜日。
丁度、手創り市の開催日ということもあったのですが、
会場の鬼子母神堂や大島神社を中心に、
雑司が谷界隈の人通りが、特に多く感じたのは気のせいでしょうか。
もちろん、何か食べようと思ってもキアズマ珈琲は満員御礼。
でも、今日はこのお店に来たかったんです。
目白通り沿いのマンション2階、
階段そばに置かれた手書きのメニューに「あぶくり」の文字。
さっそく階段を昇ると天井の剥き出し感と、
キッチンカウンターの賑やかな色合いが織りなす空間に、
引き込まれてしまいました。


130317-01.jpg
ここの目玉メニューはサンドイッチ、
6種類のメニューにはコンビーフと玉子という王道系や、
コロッケ風といった心くすぐるものまでラインナップ。
でも、今日はローストポークとリンゴのサンドイッチにしました。
ローストポークにキャラメリゼされた褐色のリンゴ。
味を整えるのはタマネギジャム。
軽くトーストされたパンは、地元の赤丸ベーカリーのもの。
サンドイッチを丁寧に挟む工程は、
おむすびを一つ一つ結ぶのと同じ感覚。
つまりこれは、雑司が谷の手仕事なんだと思います。
爽やかな香りと動物的な旨味が融合したスープも、
3種類のピクルスの食感もサンドイッチの味を際立てます。
特にプレートに添えられたサラダに散らされた赤いトマトの、
凝縮された甘さに驚いてしまいました。
130317-02.jpg
セットのコーヒーもこれまたご近所の、
目白台のエスプレッソ・フェリーチェ・ロースター(現・CoRo Coffee Roaster)。
中炒り・フェリーチェブレンドの味で締めくくるのですが、
添えられたデザートのチョコブラウニーの美味しさに、
口内炎持ちの口でつい興奮。
次回は、万全の体制でいただきたいものです。
柔らかな陽射しに照らされるテーブル席、
そこにはイスが何種類もあったり、
日替わりパスタやカレーが美味しそうだったり。
座る場所や食べるものによって、
同じ空間の中で違う時間が過ごせるのが、
普段使いにも良さそうですが、
特にお店の奥にある大きなテーブルが印象的でした。
あの場所がコミュニティスペースとなって、
雑司が谷に新たな文化が芽吹くんだろうと思います。
そんなお店で来月開催されるのが、
経営によるまちづくりスキームの推進に取り組む木下斉さんと、
現役大学生ながらに、自腹で理想のファッション誌を作り上げてしまった、
島崎賢史郎さんによるトークイベント
単なる名声屋とは真逆の、事業を通じて結果を残す二人が揃うこのセッション。
もしかすると22世紀という未来に向けた礎になるかもしれません。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。