富士見台・柳田屋 「いつもの店」らしさ。

 

Pocket
LINEで送る

柳田屋-01
西武池袋線の池袋から先は、
中村橋を過ぎた途端に飲食店の数がガクンと減り、
石神井公園までの間で小回りが効くお店は、
とても貴重な存在です。
そんな環境の中、富士見台の駅前商店街に、
新たに一軒の焼鳥屋さんが。
早速、モツ煮や鶏皮ポン酢といったおつまみを注文し、
串の焼き上がりを待ちます。


柳田屋-02
おまかせ10串には、もものようなド定番だけでなく、
ぼんじりや軟骨の姿もしっかりと。
200円台スタートではなく100円台スタート。
中村橋のどんぶりもそうですが、
この値段が普段使いに丁度な感じです。
柳田屋-03
メニューにハムカツの文字を見たら、
注文してしまうのは人間の性。
厚く赤めのハムカラーは、食欲をそそります。
柳田屋-04
締めは焼きおにぎり。
表面のアツアツを徐々に冷ましながらお腹を満たします。
牛蔵源烹輪のようなお店は、
色々な意味でなかなか足を運べないゆえ、
「いつもの店」の言葉が似合うのはこのタイプ。
まだオープンして日が浅めということもあってか、
接客がおぼつかなかったりしますが、
これからお店が、街に人に馴染んでいくんだろうと思うのです。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。