中村橋・似星 極 煮干しラーメン(880円)

 

Pocket
LINEで送る

似星-01
西武池袋線ならぬ西武煮干線、
次の停車駅は練馬の隣、中村橋です。
立川の鏡花の支店として
オープンしたばかりのこのお店、
店頭を見上げれば、器から飛び出す煮干の頭。
がぶっちょ魚釣りゲームみたいです。
メニューの柱は煮干しと「かっけ」。
字面的には青森的ですが、
お店の方には地縁がある訳ではないとのことでした。


似星-02
食券機から選んだ、極 煮干しラーメン。
やまのや伊吹のこってり系に対して、
少し端麗寄りの色合いのスープです。
でも、あっさり型かと思いきや、
スープを掬えば凝縮された煮干しの旨味。
少し使って丸くなった鉛筆と
削りたての鉛筆の鋭さの違いといった感じでしょうか。
極の冠がついているだけに、具は豪華版。
しかも、期間限定でチャーシューが倍盛り。
こうなると、見た目は煮干しラーメンっぽくないのですが、
鼻腔に触れる香りはヤミツキにさせるあいつです。
こってり系とあっさり系、最後は好みの問題。
でも、何よりも隣あった駅に、
ベクトルが違う煮干しラーメンのお店があることが
嬉しくて仕方がないんです。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。