岩手県釜石市・工藤食堂 カツカレー(700円)

 

Pocket
LINEで送る

工藤食堂-01.jpg
漁師町であり鉄鋼の町。
そんな顔を持つ釜石には、
スタミナ補給に効く肉料理のお店も欠かせません。
そんなお店の一つが、この工藤食堂。
一階が精肉店で二階が食堂、理想的な構造のお店は、
この日のお昼も賑わっていました。
もちろん、メニューには肉料理の数々。
ステーキにチキンカツ、ラーメンの文字もある中で、
一番気になったカツカレーを注文しました。


工藤食堂-02.jpg
このカツの分厚さ、その迫力に驚きを隠せませんでした。
肉屋さん直営だからということを差し引いても、
あまりにも美しいカツカレーです。
工藤食堂-03.jpg
分厚いカツを頬張れば、
じゅわっと甘い豚肉の脂に、止めどなく溢れるエキス。
じっくり煮込まれたソースのお肉も柔らかく、
肉好きにはたまらない組み合わせです。
肉を頬張るとご飯が欲しくなり、
ソースをご飯を絡めると、カツが恋しくなる。
この幸せな三角関係を考えた人は本当に天才です。
これで値段は700円。
毎日だって通いたくなる味と価格に、
ちょっと感動してしまいました。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。