銀座・カレーコーナー三原 カツカレー(700円)

 

Pocket
LINEで送る

カレーコーナー三原-01.jpg
カツカレーには、色々なタイプがあるものですが、
大別すれば、大きなカツがドンと鎮座したカツが主役タイプか、
普通のカレーライスにカツが添えられた、家庭的なカツカレー。
どちらであっても、永遠のごちそう。
唯一無二の満足感を与えてくれます。
銀座は三原橋の地下街。
今、そこで営まれているお店は全部で3軒。
その中で、カレーや揚物が入ったショーケースが目を惹くのが、
カレーコーナー三原。
お店に入って、夜メニューの貼り紙の数々と、
ランチメニューを眺めたら、それだけで笑顔になってしまいます。
定食屋の流儀というか、飲み屋の品格というか。
貼り紙の数だけ物語がある。そんな感じです。
もちろん、注文したのは昼のフラッグシップ・カツカレー。


カレーコーナー三原-02.jpg
寄せては返す波のようなソースと、
砂浜のようなライス。
波打ち際に横になっているカツの姿が
グラマラスでたまりません。
家庭的なカレーソースに千切りキャベツを絡めて、
スプーンにどれぐらいのバランスで色々乗せたものか。
口元に持っていった瞬間に、
キャベツがポロリしてスーツに落ちたらどうしようか…
なんて考えてしまうのですが、
一緒に食べればとにかく美味しいんです。
ごちゃごちゃに混ぜるのではなく、
スプーンに一口ごとの世界を作る。
これが楽しくて。
もうすぐ復活するニューキャッスルといいこのお店といい、
銀座には不思議と家庭的カレーがよく似合います。
ただ、三原橋地下街は、耐震の関係で閉店が近づいているとされています。
このお店のこの味に、いつまでお目にかかれるかはわかりません。
今ここを支えているこの味が、失われてしまうのは悲しいこと。
だから、今のうちに通うしかないんです。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。