虎の門・新記 香港麺の咆哮

 

Pocket
LINEで送る

新記-01.jpg
約10年ばかしランチの食べ歩きをしていても、
出会うことがなかったのが「香港麺」を出してくれるお店。
初めて香港で食べた時の衝撃は、未だ色褪せることなく、
プリプリのエビワンタンの食感と共に記憶の中にあります。
だから、虎ノ門の裏路地にこの看板を見つけた時は、
心の底から喜んだものです。
麺料理は、「日本麺」とされる
香港麺ではない麺も選べるのですが、
やっぱりこれを選ばないと意味がありません。


新記-02.jpg
ある日のランチタイムは、
エビワンタン乗せの汁無し麺に
赤いチャーシュー丼の組み合わせ。
弾力の権化のようなクミクミした食感と、
細さが生み出す独特の舌触り。
本当にたまらないんです。
そこにプリプリのエビワンタン。
現地で食べたあの記憶が蘇ってきます。
赤いチャーシューも現地モード、
妥協無きネイティブの味に、
箸が止まりません。
もちろん、メニューにはワンタン麺の文字もあり、
実は毎週のように通っているお店の一つ。
今後もお世話になります。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。