池袋・浮浪雲 鶏白湯そば(700円)

 

Pocket
LINEで送る

浮浪雲
以前食べた中華そば、
出汁がぎっしり詰まったスープの感覚。
あれに会うべく浮浪雲へ。
中華そば、鶏白湯そば、そしてつけ麺。
食券機の三択から注文したのは鶏白湯。
ふと動物的なものが恋しくなりました。
麺を引き上げれば、
穏やかな海凪の時間を動かす風のように、
白いスープはタプンと揺れ動き、
ムチムチの麺を箸で啜れば、
鶏のコクと魚介の旨さが、
口の中で動き回ります。
時間が経てば経つほど、麺に旨さが入り込んで、
いつの間にか、スープも飲み干していました。
次に来た時、
もう三択的には迷うことはない。
…はずなのですが、果たしてそう上手くいくのだろうか…と、
嬉しい悩みでいっぱいです。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。