新橋・むさしや オムライス(700円)

 

Pocket
LINEで送る

むさしや-01
お盆だからこそ行列店に!
・・・という心構えで、
久しぶりにニュー新橋ビルに向かったものの、
期待したような閑散感はなく、
いつものお昼と同じような環境でした。
創業明治18年と書かれた看板と、
白く細いすだれが目印のむさしやさん。
行列に加わって少しずつ自分の番が近づくと、
あらかじめ注文を聞いてくれます。
そして、座ればすぐに注文したものが出てくるのはそのおかげ。
席に案内されるときも「オムライスのお客様!」という感じです。
もっとも、早とちりして座ろうとすると、
前の人もオムライスだったということもありそうですが。
大きく白い丸皿に鎮座するオムライスとナポリタン、
そして千切りキャベツ。
信号機と同じ黄色と赤と緑青の組み合わせですが、
これを出されたら食欲は青信号に変わるだけです。


むさしや-02
卵とケチャップライスが、
一体成形されているオムライス。
丁寧に包んだりふわふわトロトロだったり、
オムライスのタイプも色々ですが、
短時間での調理して多くの方にテンポよく届ける、
お店のスタイルにピッタリ。
熱々が止まらずスプーンも止まりません。
そして、ナポリタン。
付け合わせと呼ぶには十分すぎるボリュームに、
気前の佳さを感じずにいられません。
ふと、カウンターの並び席に目を移すと、
単品のナポリタンと戦うサラリーマンの姿。
エベレストのようにたっぷり盛られた皿を見ると、
完食したら心の中で拍手したくなります。
お皿が空いたら味噌汁でごちそうさま。
カウンターの椅子から降りても行列の長さはさっきと同じく、
いえ、もっと長くなっていました。
食後、ビルの中を少し歩いてみると、
初めて見るお店も増えていましたが、
ここはこれからも、それを見守る立場なんでしょう。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家 地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

コメント一覧

  1. Dennis より:

    Wow, that looks great! さいきんおいしいオムライスにであってないです。。:(

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。