新橋・香味 牛肉麺(840円)

 

Pocket
LINEで送る

香味-01
時に、台湾料理に対する食欲が降臨するもので、
全力で思い出したのが新橋のこのお店。
決して小綺麗ではないのですが、
無駄に飾られてない店頭に、
「これだよねぇ」と心は満たされます。
店内でルーロー飯を食べるお客さんを横目に着席し、
メニューに悩みつつ牛肉麺をお願いしました。


香味-02
一目に辛そうな色のスープですが、
その源はトマト。
一口飲めば何層にも重なった、
なのにあっさりと飲める口当たり。
飲み進めて出てきた答えは生姜でした。
たっぷり入ったスープは、
暑さを忘れて心を熱くする旨さ。
汗が引く気配すら感じないのですが、
それでもいいかと思えてしまいます。
これを麺に絡ませて、
柔らかく煮込まれた牛すねと共に
啜って頬張れば、賑やかな台湾の街の姿が見えてきます。
行ったことがないのにそう感じるのは、
ちゃんと現地スタイルで作られていることと、
飛び交う言葉によるもの。
台湾風じゃなくて、台湾料理。
やっぱり、こうでなくてはなりません。

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。プロフィールやお問い合わせは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。