霞が関・頤和園 担々麺(1,050円)

 

Pocket
LINEで送る

頤和園-01.jpg

月火水木金の5日間、ずっとお昼の行列が堪えない頤和園ですが、
霞が関店も例に漏れず、エスカレーターでフロアにたどり着く2秒前に、
同じような環境が続いているのを確認し、最後尾に着きます。

ただ、ビル内の行列なので日傘の花が咲くことなく、
前方ではメニュー選びの会話に花が咲いています。

行列を捌く名物おじさんの誘導で、窓際の席に案内されたところで、
速効で注文したのは担々麺。 

胡麻ダレに浮かぶ辣油の膜、そこに浮かぶ麺とひき肉とサヤエンドウ。
コクと優しく尖った辛さがシンクロした味を口にすれば、レンゲが止まらなくなり、
スープと細麺をしっかり絡めて口に運べば、今度は箸が止まらなくなる。

両手はずっと塞がりっぱなしですが、
さすがに、滴る汗を拭くときだけは一端手を休めます。

冷たいウーロン茶を口にして、再び両手は活発に。
昼休みではあるのですが、休む間なんてありません。 

ローカルフードデザイナー/伝承料理研究家/復興庁「専門家派遣集中支援事業」登録専門家
地域食材・食文化をテーマにした商品開発や地域活性事業の企画・運営、取材、執筆、撮影、講演活動、地域メディア・ソーシャルメディア運営アドバイザー。人×食×地域の繋がりを強くする取組みをしています。詳しいプロフィールは下のリンクから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。